バックトゥザフューチャーのドク役が死去!?現在や名言を紹介

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主要な登場人物である通称”ドク”ことエメット・ブラウン博士。このドクを演じたのはアメリカ人俳優のクリストファー・ロイドという人物なのですが、この男性について死去の憶測などがあるようです。

このページではクリストファー・ロイドの現在の様子についてお伝えしていきます。また合わせてバックトゥザフューチャー内でのドクの名言なども紹介していきますね。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドク役は死去しちゃったの?

さて、こちらの件についていきなり結論から申し上げますと、ドク役の俳優クリストファー・ロイドはまだ健在です!死去していません。クリストファー・ロイドは1938年10月生まれですので、現在81歳ということになります。

ちなみにバック・トゥ・ザ・フューチャーが最初に公開されたのは1985年ですから、撮影当時の年齢は47歳ということになりますね。


簡単ではありますが、クリストファー・ロイドについてまとめておきます。

【氏名】クリストファー・ロイド(Christopher Lloyd)

【出身】アメリカ合衆国 コネチカット州スタンフォード

【職業】俳優、声優、コメディアン

【経歴】
『カッコーの巣の上で』でメジャースクリーンデビュー。続く『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のヒットでこの役柄ではサターン賞にノミネート。テレビシリーズ『Taxi』に登場する元ヒッピーのジム・イグナトウスキー役で二度のエミー賞に輝く。90年代に出演した『アダムス・ファミリー』ではフェスター・アダムス役で大ハマリ!1994年に出演した『風と共に去る20ドル!?』ではインディペンデント・スピリット賞を受賞。その他『ロジャー・ラビット』、『世にも不思議なアメージング・ストーリー 』など多くの映画作品やテレビシリーズ、CMに出演した経歴をもつ。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のフル動画を無料視聴しよう👉

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドク役の現在の様子は?

さて、大物俳優のクリストファー・ロイドですが、現在はどのような様子なのでしょうか?

ここ数年で話題になった出来事といえば、2015年10月21日にジミー・キンメル・ライブ!のコーナーにマイケル・J・フォックスとともに出演した出来事です。

この”2015年10月21日”という日付は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」内でマーティとドクが未来にタイムトラベルをした時の日付。番組にはデロリアン乗って登場したマーティとドクが、映画の2015年と実際の2015年の様々な違いに驚くというショーを行い、大きな話題となりました。


スマホに驚きつつも、一緒に自撮りするマーティとドクの姿が最高に面白いです!


その他にも、マーティことマイケル・J・フォックスとチャリティのポーカーイベントに参加したことをSNSにアップしており、二人の交流が定期的に行われている様子が伺えます。

この投稿をInstagramで見る

 

Christopher Lloyd(@mrchristopherlloyd)がシェアした投稿


ちなみにクリストファー・ロイドは今まで4回の離婚を経験してますが、現在は2016年に結婚したリサ・ロヤコーノ(49歳)さんと幸せに暮らしているようです。

この投稿をInstagramで見る

 

Christopher Lloyd(@mrchristopherlloyd)がシェアした投稿


その他にも様々なイベントや場所に足を運んでおり、仕事もプライベートも充実した日々を送っているみたいですね。写真を見る限り死去なんて憶測がまったく当てはまらないくらい精力的に毎日活動されているようですね。

気になる方はクリストファー・ロイドのインスタアカウントをフォローしてみましょう。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」他のキャストの現在の様子は?

それではここで、バック・トゥ・ザ・フューチャーに出演していた他のキャストの現在の様子を少しだけご紹介します。

マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ役)

一時期俳優活動から引退したマイケル・J・フォックス(58歳)でしたが、近年テレビドラマで俳優復帰。奥さんや子供、家族と幸せに暮らしているようです。

この投稿をInstagramで見る

 

Michael J Fox(@realmikejfox)がシェアした投稿

トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン役)

ビフ・タネン役で一躍有名になったトーマス・F・ウィルソン(61歳)。俳優の他にも声優活動をしてます。ビフの悪くてワイルドな雰囲気は健在のようですね!

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Wilson(@tomwilsonusa)がシェアした投稿


ほか出演者との一枚も。

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Wilson(@tomwilsonusa)がシェアした投稿


 リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ役)

マーティの母親役のロレインを務めたリー・トンプソン(59歳)映画監督のハワード・ドイッチと結婚し二人の娘の母親です。ちなみに娘はそれぞれ芸能人になっています。リーは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを、今もとても大事に思っているそうですよ。

この投稿をInstagramで見る

 

Lea Thompson(@lea_thompson)がシェアした投稿

クラウディア・ウェルズ(ジェニファー・パーカー役)

最後はマーティの恋人役を務めたクラウディア・ウェルズ(53歳)です。現在は女優だけでなくアパレルショップも経営するなど活躍の幅を広げているようです。息子さんが一人いるようですね。

この投稿をInstagramで見る

 

Claudia Wells(@theclaudiawells)がシェアした投稿

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのフル動画を無料視聴しよう👉

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ドク役の名言を紹介

バック・トゥ・ザ・フューチャーには名言とも言える数々の素晴らしいセリフが存在します。そんな中で今回はドクの名言を少しだけ紹介します。

「我々は、自分の人生に影響を与える決断を自分でしなければならない。君の決断は君自身がするんだ。私の決断は私自身がする」
未来について知りたがるマーティをたしなめる時のドクのセリフ。マーティが頭に血が上って交通事故にあってしまう未来を全て話したくなかったドクの思いが感じられます。(PART3)

「君の未来はまだ決まってないということ。誰のでもそうだ。未来は自分で切り開くものなんだよ。だから頑張るんだ。」
マーティとジェニファーに、ドクが万感の思いを込めて贈った言葉です。(PART3)

「いい言葉を教えてあげよう。何事もなせば成る」
何度も登場するマーティのセリフですが、実は元はドクの口癖。困った時にポジティブな気持ちにさせてくれる言葉です。

非常にシャイで公の場にはめったに姿を見せず、またインタビューなども一切受けないと言われる俳優クリストファー・ロイド。そんな彼が珍しくインタビューに回答し、バック・トゥ・ザ・フューチャー撮影を振り返って語った貴重な動画がありますので、ぜひ御覧ください。

個人的にはPART1のラストからの続きであるPART2の冒頭シーンの撮影秘話が面白かったです。

まとめ

以上、この記事では映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役で俳優のクリストファー・ロイドとの現在の様子ついてお伝えしてきました。

ネット上では死去なんて?憶測があったのかもしれませんが、実際はまったくそんなことありませんでしたね。今でも様々な場所に足を運び人にあって精力的に活動している様子が見て取れました。

ということで、今回の記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを無料視聴しよう👉